最近は夜の8時頃に寝て朝の4時~5時の間に起きる生活が続いているが以前は結構夜遅くまで起きていた。夜は面白いテレビ番組が数多く放送しているのでつい夜中まで観ていたことがある。深夜まで起きてテレビなどを見てると大人向けの面白い番組が目白押しで目が冴えてくる。あまり夜型の生活に慣れてしまうと朝起きる時間が遅くなり不規則な生活になっていってしまうので私は朝方の生活に変えたが、朝には面白いテレビがあまり無いので読書などには最適だと思う。人間は太陽が出たら起きて太陽が沈むとともに寝るのがいいと聞いたことがあるが私も同感だ。今はインターネットもあるので天気やニュースなども調べたくなれば太陽が昇るまえにでも調べることができるのでわざわざ夜の情報番組を観なくても生活を楽しむことができる。睡眠時間が不規則に変化すると体調がおかしくなったり精神的にも不安定になったりするので常に一定のリズムで生活したほうがいいだろう。もし、夜に眠れない日が続くようならば薬局か医者に行って睡眠薬を処方してもらうのがいいと思う。まあ、世の中には24時間稼動する工場などで働く人も多いがそういった人たちはたいてい週ごとに昼夜逆転の生活を営んでいる。どうやって上手く睡眠時間を調整しているのか知りたいものだ。